評判で選ぶ

電動歯ブラシをもつ女性

歯科治療に医療福祉を適用することにおいて重要視される点としてその診療が医療福祉の適用を受ける価値を持つかどうかということが当て嵌まります。つまり、歯科治療の中には病気治療として絶対不可欠なものばかりであるとは限らないということです。特に歯列矯正やインプラントなどは保険適用範囲外、いわば「贅沢医療」の範疇にあり、これは当然医療福祉の適用範囲外でもあります。ところが実態としては自治体の監督不行き届きから稀にこうした診療に適用されてしまうケースが見られます。ここ数年では自治体の管理不行き届きに乗じる形で不適切な形で医療福祉を利用する人物の存在が注目を浴びております。具体例として生活保護世帯の人物がインプラント治療を受けた際に自治体に治療費の請求を行ってこの申請が受理されたことで問題になったこともあります。こうした不正が横行すれば財政的・戦略的な理由から医療福祉制度の存続が脅かされかねないので、患者1人1人がモラルを欠くことがあってはなりません。

近年ではHIV感染者であっても問題なく歯科治療を受けることができる場合もあり、これも医療福祉が進歩したその証拠と言って差し支えがありません。歯科治療を通じて患者の口腔内に傷が付き、そこから細菌が感染してしまうことはHIV患者にとって命に関わる出来事であります。そうした心配を持っている場合にこそ医師に隠さずHIVを申告することが適切であると言えます。こうすることで歯科治療の際に担当医が抗生物質の予防投与を行ってくれるので、歯科治療の際にできた傷から死が招かれる事態を避けることが可能です。正直に申告すれば担当医も治療の際にHIVに感染しないように対処することが可能であり、これによって担当医が知らぬ間にHIVに感染しなくて済むのです。