サイトを活用

歯磨きのネオン

定期的に歯医者でクリーニングを受けることの大切さはなんとなく感じていてもなかなか実行できない人が多い。とりあえず毎日歯を磨き、時にはフロスや歯間ブラシなんぞ使うと歯医者に行かなくても大丈夫なんじゃないかと思えてくる。しかし毎日しっかりケアをしているつもりでも隅々まで目で確認しながら行えるわけではない。子供の仕上げ磨きをしたことのある人なら覚えがあると思うが、目で確認しながら磨いてみると歯ブラシで何十回と磨いても残ってしまう歯垢というのがある。歯に当たる歯ブラシの角度の問題だ。子供の仕上げ磨きなら自分が身体の向きを変える等して磨けばいいのだが、これが自分自身の歯となると角度を変えるにも限界がある。そもそも見えていなければ磨いた「つもり」で終わってしまう。こうして残った汚れはいずれ歯石となり、こうなるともうセルフケアではなんともならない。どんなにしっかりケアしているつもりでも歯医者でのケアは必要なのだ。

子供の頃からやっている歯磨きも実は奥が深い。一般的に食事の後には歯磨き。と言われるが、実は食事の直後は口の中が酸性に傾いている為歯磨きをすることで歯のエナメル質を傷つける恐れがある。食後は30分程度時間をおいてから磨くのが望ましい。また歯磨き粉をたくさん付けたり、歯磨き粉を付ける前に歯ブラシを水で濡らすと歯磨き粉の泡が多くなる。この為少し磨いただけでもたくさん磨いたような気分になりがちなので気をつけたい。歯ブラシは濡らさず歯磨き粉は小豆大が理想だ。理想的な歯ブラシの毛の硬さには様々な説があるが、共通して言えることは力を入れて磨かないと言うことだ。実は歯ブラシの毛は歯より堅いので力を入れると歯茎はもちろん歯すらも傷つけてしまうことがある。鉛筆の持ち方で軽い力で磨くのがお約束だ。歯医者に行けば自分の歯磨きの仕方が正しいかどうかも確認することができる。歯医者を虫歯治療ではなく口腔ケアアドバイザーとして活用してみてはどうだろうか。